株式会社 内田物産

  • 2018/10/29
  • 株式会社 内田物産 はコメントを受け付けていません。

株式会社 内田物産

補助事業名
スマートフォン等に対応したホームページでの販路拡大
補助金名
平成28年度第2次補正予算小規模事業者持続化補助金<熊本地震対策型>
企業名 株式会社 内田物産
代表者名 内田博之
業種 製造業
設立年 昭和55年9月
従業員数 8名
商工会名
山鹿市商工会
青年部員名
内田博之

【施策・政策を活用した経緯】

以前のホームページは10年前に作成したもので、デザインが古くスマートフォン等の小さい画面サイズにはパソコンで見たホームページがそのまま縮小されたものが表示されていた。その為、お客様がスマートフォンで閲覧した場合、商品メニューや個数の選択、購入ボタンの操作が困難であった。そこで、スマートフォンやタブレットにも対応できるものへリニューアルを行い、ネット購入をお客様が容易にできるものにしたいと考えた。また、それをSNSやダイレクトメール等で周知し、新規顧客獲得に繋げたいと考え、補助金の活用を計画した。

【主な事業内容、方法等】

  1. ホームページのリニューアル
    パソコン・スマートフォン・タブレット等、各画面サイズに合わせて表示形態が変わるホームページの作成を専門の製作会社へ依頼し作成を行った。
  2. ダイレクトメール及び新聞折込みで発信
    URL・QRコードを載せたダイレクトメール・折込みチラシを使い、ホームページがリニューアルし、スマートフォンやタブレット等多様なデバイスでの注文が容易になったことを県内全域に発信した。
  3. チラシの作成
    現在、農協への卸が売上の半数をしめており、自社販売を強化するため、チラシを作成し近隣の方への営業・ポスティング、展示会・イベント時(物産フェア・祭り他)での配布を行う。

【事業の成果・効果】

各画面サイズの変化に対応したデザインのホームページを作成することで、普及率の高いスマートフォンやタブレット端末等、パソコンの使用に慣れていない方でもタッチパネルで注文が容易になるホームページとなった。( URL:http://www.misosyouyu.com/ )
以前のホームページは管理を他社に委託していたため、新商品の更新や注文から配送まで時間や経費が掛かっていたが、新規ホームページは当社でデータファイルを管理しているため、新商品の更新や注文から配送までのレスポンスを高めることができた。また、お荷物到着日時指定、送料自動計算に対応出来るようになった。
ダイレクトメール・新聞折込みを使ってリニューアルしたホームページの情報を発信したことで、ネット購入率及び山鹿市外からの受注が増えた。

【事業者の声】

山鹿市商工会の支援により計画を立て、スマートフォン・タブレット購入での利便性向上により、ネット購入率が増加した。また、ホームページ管理の内製化が出来た事で顧客対応のレスポンスを高めることが出来た。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 11月3日、4日 グランメッセ熊本にて 第23回 くまもと物産フェアが開…
  2. 2018/5/15

    テスト
    ここに活動報告が入ります…

タグ

ICTアドバイザー通信

  1. おもてなし部会

    11月10日(土) 八代市商工会本所にて 全国大会誘致委員会 おもてなし部会の会議があ…

熊本県商工会連合会連合会
公式YOUTUBEページ

 

 

ページ上部へ戻る