亀田産業 有限会社

  • 2018/10/29
  • 亀田産業 有限会社 はコメントを受け付けていません。

亀田産業 有限会社

補助事業名
地域の環境美化を追求するお宅訪問型ゴミ収集事業で売上倍増計画
補助金名
持続化補助金
企業名 亀田産業 有限会社
代表者名 山口 道明
業種 一般廃棄物
設立年 H2年6月
従業員数 4名
商工会名
八代市商工会
青年部員名
亀田 洋

【施策・政策を活用した経緯】

 当社がある八代市坂本町は人口が減少し高齢化が急速に進んでいる地域で、林業と一般廃棄物収集運搬業を経営しています。特に一般廃棄物収集運搬業は競争が激化しており、市からの委託業務だけでは将来的に不安があるため、新たなサービスとして「訪問型ゴミ収集」の新規事業を立ち上げた。

【主な事業内容、方法等】

    「訪問型ゴミ収集」は、高齢者や体が不自由な方、また僻地に住んでいる住民をターゲットとして、家庭から出る不要になった家具・家電類の粗大ゴミを収集運搬するサービスです。
     このサービスを行うためには専用の車両が必要であり、使用していた収集車両の1台を改造し後方にテールゲートを設置した。併せて本事業を周知するためにチラシを作成し、従業員総出で営業エリア内のローラー作戦を実施し各世帯へ手配りでの広報周知に努めた。

    【事業の成果・効果】

    ゴミ収集車の改造(テールゲート設置)は、従業員の作業負担が大幅に軽減され作業効率は向上し、経営にも徐々に貢献するようになってきた。
     また、各世帯へのローラー作戦を実施してみて、営業エリア内の市場ニーズがあることは理解できたが、高齢化が凄まじく大量の粗大ゴミの搬出が困難な高齢独居老人が多いことを再認識させられた。

    【事業者の声】

    今回導入したテールゲートにより作業の効率化はもとより、様々なゴミ(大型家具等)にも柔軟に対応が出来るようになりました。チラシ配布による新規のお客様の獲得、また現在も多数のお問い合わせをいただいている状況です。
    車の稼働率も上がり、今後もコンスタントにチラシ配布やローラー作戦を行い、事業を継続していきたいと考えています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 11月3日、4日 グランメッセ熊本にて 第23回 くまもと物産フェアが開…
  2. 2018/5/15

    テスト
    ここに活動報告が入ります…

タグ

ICTアドバイザー通信

  1. おもてなし部会

    11月10日(土) 八代市商工会本所にて 全国大会誘致委員会 おもてなし部会の会議があ…

熊本県商工会連合会連合会
公式YOUTUBEページ

 

 

ページ上部へ戻る